痔の悩み、解決!
 自分で治せます痔(ぢ)は自分で治せます痔(ぢ)は自分で治せます

痔主(いぼ痔)になり、薬、外科手術、再発の苦い経験から、生活療法と民間療法により、痔(ぢ)を自分で完治させた情報サイトです。


痔の悩み、解決! トップ > 痔(ぢ)の治療は、生活療法が基本 > 痔(ぢ)の薬剤療法
(カテゴリー)
トップ
どうして、痔(ぢ)になるの・・・?
痔(ぢ)の原因は、さまざま
お尻に痔(ぢ)ができる仕組み
お尻と痔(ぢ)の関係
痔(ぢ)かな、と思ったら医療機関へ
痔(ぢ)をそのまま放置すると・・・?
痔(ぢ)の初期症状
痔(ぢ)をそのまま放置すると・・・?
痔(ぢ)と思っていたら、大腸がん
痔(ぢ)は、早期治療が大切
痔(ぢ)の基礎知識
痔(ぢ)は、生活習慣病
いぼ痔(痔核)
切れ痔(裂肛)
痔ろう
痔(ぢ)の治療、生活療法が基本
痔(ぢ)は、セルフケアで治療
痔(ぢ)の薬剤療法
痔(ぢ)の外科手術
痔(ぢ)の生活療法
痔(ぢ)は、セルフケアで治せます!
痔(ぢ)の生活療法に、プラスアルファ
痔の民間療法
誰にも知られないで、痔(ぢ)をセルフケア
痔(ぢ)のセルフケアは、効果抜群!
痔(ぢ)のセルフケアで、家計の節約
痔(ぢ)のセルフケアで、時間の節約
痔(ぢ)のセルフケアに、副作用なし
痔(ぢ)のセルフケアに、痛みなし!
痔(ぢ)のセルフケアで、便秘も解消!
痔(ぢ)のセルフケアで、再発リスク解消!
痔(ぢ)以外の病気にも、効果あり!
痔(ぢ)を自分で治した体験
薬の副作用に要注意
痔(ぢ)の治療薬
よく効く、ステロイド剤
ステロイド剤の副作用に要注意
手術後の痔再発リスク
手術が必要な痔(ぢ)は少ない
手術後の痔再発リスク
痔の再発リスク、解消
弱みにつけ込む、痔(ぢ)商法に注意
痔(ぢ)の治療費代
高額療養費制度と差額ベッド代
自費診療には、要注意
痔(ぢ)に関するQ&A
サイトマップ
プロフィール
リンク集
便秘
下痢、大腸(直腸)がん
健康・美容・ダイエット(その1)
健康・美容・ダイエット(その2)
栄養・健康食品
検索エンジン
医療・医療機関
病気(痔を除く)(その1)
病気(痔を除く)(その2)
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済・観光
コンピュータ・ネット情報
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし・ローン
地域情報
プライバシーポリシー

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
アロエ栽培日記
大腸がんの症状と基礎知識

驚き!アロエベラで悩み解消

アロエベラ総合情報サイトへ
スッキリ、さわやか
快適な毎日に!


便秘
便秘解消/便秘予防へ

)の薬剤療法
痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ


痔の薬剤療法
 薬剤療法は、補助的な治療・・・


薬剤療法は、痔(ぢ)をもとから治す痔(ぢ)の根治療法ではありません。



薬剤療法は、あくまでも、痔(ぢ)の症状を緩和させる補助的な治療です。



痔(ぢ)の薬で、痛み、出血、腫(は)れなどの症状は、一時的によくなります。



でも、痔(ぢ)の根本的な原因を取り除かない限り、痔(ぢ)を治すことはできません。



座薬、軟膏の主な効能は、痔(ぢ)による出血、痛み、炎症などを一時的に抑えることです。

また、排便時に便を肛門からスムーズに出すことなどです。







 ステロイド剤の副作用に注意・・・


ところで、痔(ぢ)の薬には、ステロイド剤が多く配合されているものがあります。



ステロイド剤が多く配合されている痔(ぢ)の薬は、炎症の解消などに、とても優れた効果が発揮されます。



ステロイド剤は、正式には副腎皮質ホルモン、あるいはステロイドホルモンと呼ばれています。

薬の容器には、副腎皮質ホルモン剤と表記されています。



痔(ぢ)の薬を選ぶ上で、成分中にステロイド剤が含まれているか、いないかが、重要な判断材料になります。



なぜなら、ステロイド剤の配合された痔(ぢ)の薬は、皮膚障害に大変よく効きますが、一方で長期に使用すると副作用リスクが高まるからです。



ステロイド性皮膚炎など、ステロイド剤特有の強い薬の副作用が、現れます。

このため、ステロイド剤を含む痔(ぢ)の座薬、軟膏は、一時的な使用にとどめ、絶対に長期に使わないことです。



                         ▲ このページトップへ





 安易に薬に依存しない・・・


痔(ぢ)の薬を使用しても、なかなか効果が見られなかったら・・・

いったん、薬の使用を中止することも大切です。



また、痔(ぢ)の原因となる便秘や下痢も、安易に薬に依存しないようにしましょう。



例えば、便秘解消のための下剤は、あくまでも一時的な方法です。

下剤に頼る生活を続けると、自然な便意が起こらなくなり、下剤なくしては、排便できなくなってしまいます。



いずれにしても、どんな薬にも、必ず薬の副作用があります。

痔(ぢ)の治療に、薬剤療法はあくまでも補助的療法であることを理解し、適切な利用を心がけましょう。


痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ

                         ▲ このページトップへ


当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)解決!痔の悩みAll rights reserved