痔の悩み、解決!
 自分で治せます痔(ぢ)は自分で治せます痔(ぢ)は自分で治せます

痔主(いぼ痔)になり、薬、外科手術、再発の苦い経験から、生活療法と民間療法により、痔を自分で完治させた情報サイトです。


痔の悩み、解決! トップ > 痔は、セルフケアで治せます! > 痔の民間療法
(カテゴリー)
トップ
どうして、痔になるの・・・?
痔の原因は、さまざま
お尻に痔ができる仕組み
お尻と痔の関係
痔かな、と思ったら医療機関へ
痔をそのまま放置すると・・?
痔の初期症状
痔をそのまま放置すると・・?
痔と思っていたら、大腸がん
痔は、早期治療が大切
痔の基礎知識
痔は、生活習慣病
いぼ痔(痔核)
切れ痔(裂肛)
痔ろう
痔の治療、生活療法が基本
痔は、セルフケアで治療
痔の薬剤療法
痔の外科手術
痔の生活療法
痔は、セルフケアで治せます!
痔の生活療法に、プラスアルファ
痔の民間療法
誰にも知られないで、痔をセルフケア
痔のセルフケアは、効果抜群!
痔のセルフケアで、家計の節約
痔のセルフケアで、時間の節約
痔のセルフケアに、副作用なし
痔のセルフケアに、痛みなし!
痔のセルフケアで、便秘も解消!
痔のセルフケアで、再発リスク解消!
痔以外の病気にも、効果あり!
痔を自分で治した体験
薬の副作用に要注意
痔の治療薬
よく効く、ステロイド剤
ステロイド剤の副作用に要注意
手術後の痔再発リスク
手術が必要な痔は少ない
手術後の痔再発リスク
痔の再発リスク、解消
弱みにつけ込む、痔商法に注意
痔の治療費代
高額療養費制度と差額ベッド代
自費診療には、要注意
痔に関するQ&A
サイトマップ
プロフィール
リンク集
便秘
下痢、大腸(直腸)がん
健康・美容・ダイエット(その1)
健康・美容・ダイエット(その2)
栄養・健康食品
検索エンジン
医療・医療機関
病気(痔を除く)(その1)
病気(痔を除く)(その2)
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済・観光
コンピュータ・ネット情報
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし・ローン
地域情報
プライバシーポリシー

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
アロエ栽培日記
大腸がんの症状と基礎知識

驚き!アロエベラで悩み解消

アロエベラ総合情報サイトへ
スッキリ、さわやか
快適な毎日に!


便秘
便秘解消/便秘予防へ
)の民間療法


 最初に、アロエベラ民間療法で、便秘の解消・・・


痔(ぢ)の主な原因は、便秘です。

このため、痔(ぢ)のケアーには、先ず大腸の働きを活発にさせ、毎朝、快適な排便を心がけることが大切です。



そこで、昔から便秘解消に人気の、アロエベラ民間療法に注目です。

アロエベラ民間療法なら、痔(ぢ)を引き起こす硬い便を自然に軟らかくし、痔(ぢ)の原因をもとから取り除くことができるからです。



アロエベラ民間療法は、自然に排便を促し、便秘解消に驚きの効果を発揮します。

一方で、私たちは便秘に悩まされると、安易に下剤薬に頼りがちになります。



その結果、下剤薬をどうしても手放せなくなります。

でも、下剤薬にも、副作用があります。



下剤薬で、無理に排便を促そうとすると、下剤薬を飲まないと排便ができなくなる依存症に陥ります。

このような薬依存の便秘解消は、絶対に避けなければなりません。



アロエベラ民間療法は、大腸の働きを活発にし、自然排便を促します。

アロエベラ民間療法は、どんなサプリメント、健康食品、お茶などよりも、
効果的な便秘の解消、予防法です。






頑固な便秘の解消、予防に、驚きの効果が発揮される秘密は、アロエベラの葉肉に含まれる成分です。

アロエベラの葉肉に含まれる成分は、ムコ多糖体です。



アロエベラのムコ多糖体は、200種類以上の微量栄養素が含まれている、と言われています。

この新鮮な、生のアロエベラ葉肉を食べると・・・



私たちの体内は、大腸の働きをコントロールする自律神経が副交感神経優位になり、ぜん動運動を促すなど、大腸の働きを活発にします。



さらに、アロエベラの微量栄養素が腸内善玉菌のエサとなり、大腸の善玉菌を増やし、善玉菌優勢の理想的な腸内環境に改善させます。



また、アロエベラには、食物繊維に似た働きがあり、便を軟らかく、増やす作用も働きます。


このようなアロエベラの働きにより、頑固な便秘の解消、予防に、驚きの効果が発揮されるのです。



このほかにも、アロエベラの外皮に含まれる成分、アロインには、緩下作用があります。

ちなみに、緩下作用とは、大腸を刺激し、排便を穏やかに促す作用のことです。

アロエベラの葉は、皮ごと食べれば、どんな頑固な便秘でも、スッキリ解消です。





アロエベラを食べるタイミングは、就寝前です。

なぜなら、私たちの大腸は、就寝中も一生懸命に働いているからです。



アロエベラを就寝前に食べると、夜間トイレに行くこともなく、ぐっすり快眠・・・

そして、翌朝は、スッキリ目覚め、快便、快食です。



スッキリ、さわやかに、気分爽快な一日をスタートさせることができるからです。

なお、アロエベラの葉肉を食べる量は、少量(2〜3cm四方)から始めます。

そして、翌朝の便の状態をチェックし、最適な食べる量、回数を決めてください。





便秘の解消、予防法には、アロエベラのほかにも、いろいろな方法があります。

アロエベラ民間療法に、りんご(皮つき)や青汁を組み合わせると、相乗効果により、さらに便秘解消に役立つものと考えられます。



いずれにしましても、アロエベラ民間療法なら、下剤薬に依存しないで、簡単、確実、自然に、痔(ぢ)の原因となる便秘を解消させます。

痔(ぢ)の治療、再発予防には、日頃から便秘にならないように、心がけましょう。



ご自身の体質や体調、好みに合わせ、工夫して、頑固な便秘の解消、予防にチャレンジしてください。

なお、便秘解消法、予防法をもっと知りたい場合、こちらの「便秘 アロエで、スッキリ、さわやか!」で入手できます。







 アロエベラ民間療法で、痔(ぢ)の治療・・・


次に、痔(ぢ)に対するアロエベラ民間療法です。

アロエベラは、痔(ぢ)の直接ケアーにも、とても優れた効果を発揮します。



アロエベラの葉肉に含まれるゼリー状の成分、ムコ多糖体が小腸の働きを活発に、そして血液の流れを促進させるからです。



アロエベラは、野菜として食品に分類され、料理の食材やジュースの原料として、あるいはアロエ・ヨーグルトなどの具材としても利用され、とても安心できる食材です。





私たちは、痔(ぢ)になっても、恥ずかしくて、なかなか医療機関に行く勇気がでません。

このため、多くの人が痔(ぢ)の苦しみ、不安感を抱えたまま・・・



日常生活を過ごしている、と思います。

でも、もう痔(ぢ)の悩みを解消してください。



アロエベラ民間療法なら、誰にも知られずに、お尻のトラブル解決です・・・

痔(ぢ)の悩みから、”さようなら”です。



再発の心配も解消し、もう二度と、痔(ぢ)に苦しまされることはありません。

安心してください。





ところで、痔(ぢ)の病気で一番多いのは、痔核(いぼ痔)ですが・・・

この他にも、肛門裂創(切れ痔)、脱肛(出痔)、肛門周囲炎(うみ痔)、痔ろう(あな痔)などがあります。



アロエベラ民間療法は、いずれの痔(ぢ)にも、卓越した、驚きの効果を発揮します。

そこで、痔(ぢ)の悩みを解消するアロエベラ民間療法とは・・・



自分で育てたアロエベラの葉を採取し、その葉肉を小さめにカットします。

その上で、アロエベラの葉肉を、痔(ぢ)のある肛門内に、座薬のように直接挿入します。



アロエベラの葉肉を挿入するタイミングは、排便後です。

挿入されたアロエベラ葉肉は、肛門から直腸粘膜に自然に移動し・・・



アロエベラの抗炎症作用、抗潰瘍作用、新陳代謝促進作用、鎮痛作用などが、直腸粘膜や肛門組織内の痔(ぢ)に、直接作用します。

その結果、例えば、いぼ痔なら1週間も経たないで小さくなり、驚きの効果を体感できます。



アロエベラ葉肉は、翌朝の排便時に、便と一緒に自然に排出されるので、気にする必要はありません。

そのほかのアロエベラの葉肉を挿入するタイミングは、・・・



切れ痔で、お尻に激痛が走ったときです。

このような場合には、すぐに、アロエベラの葉肉をお尻に挿入してください。



アロエベラの鎮痛作用により、お尻の激痛は、すぐに消えてしまいます。

アロエベラ民間療法なら、悪化した痔(ぢ)の症状を必ず改善、完治させることができます。



痔(ぢ)の種類、症状、体質などにより、個人差があるので・・・

アロエベラ民間療法は、粘り強く続けることで、もうつらい痔(ぢ)に悩まされなくなります。



なお、はじめて、アロエベラ民間療法にチャレンジする場合には、アロエベラの効果を自分で確かめながら、食べたり、お尻に挿入する回数、量を決め、お使い下さい。








 アロエベラ民間療法 (食べる) 〜便秘解消〜                       


アロエベラの葉元にハサミをいれる ハサミの切り口と、反対方向に回転させる 採取したアロエベラを水道水できれいに洗う アロエベラの外皮のトゲをカット
葉元にハサミか、ナイフを入れる 切り込みと、反対側に回転させ、採取する 水道水できれいに洗う 外皮のトゲをカットします
アロエベラを適当なサイズにカット カットされたアロエベラ アロエベラの外皮をカット アロエベラは、空腹時に食べる。
適当なサイズにカット→ 片側、外皮つき。外皮には緩下作用、便秘解消に効果 左側は、外皮。外皮は、捨てないで、肌に塗り込む 便秘解消に、空腹時に食べます。就寝前がおすすめ。


新鮮なアロエベラ生葉1枚を採取し、水道水できれいに洗い、外皮の水分を拭き取ってください。
水分を拭き取ったら、とげをカットしてください。
アロエベラの葉幅が5cmくらいなら、2〜3cmの長さに切り取って、外皮を むき、中のゼリー状のムコ多糖体だけを食べてください。(外皮の部分は、捨てて下さい。)

頑固な便秘症の場合、少し苦味がありますが、アロインが含まれる外皮ごと食べてください。

外皮のアロインには、緩下作用があるので、頑固な便秘解消に効果的です。
アロエベラを食べる回数は、1日3〜4回が基本です。

からだの状態によって、たべる回数を加減してください。

なお、アロエベラは、食品扱いなので、副作用の心配もなく、安心して食べることができます
アロエベラを食べるタイミングは、食間、就寝前、起床時など、お腹の空いている時間帯です。

特に、就寝前に食べるのが、ベストタイミングです。

一日あたりの摂取回数は、1回でも十分に効果的です。
アロエベラのほかに、便秘解消に次の方法が効果的なので、アロエベラとの相乗効果や、自分の好みにあう方法を選んでください。

朝の排便を快適にするために、前の日にリンゴ(皮つき)を食べます。

リンゴは、半分、あるいは3分の1くらいにカット、皮ごと食べます。

皮をむいたリンゴでは、便秘解消の効果があまり期待できません。

リンゴが赤くなると、お医者さんの顔が青くなる、といわれるくらい、健康食品として、からだに良い働きをします。

「ふじ」というリンゴなら、一年中、お店で買い求めることができます。

リンゴのほかに、青汁も便秘解消に効果的です。

自分のからだの状態に合わせて、青汁を適宜、適量飲みましょう。
残った半分のリンゴは、切った表面をラップで包み、酸化させないように保存し、翌日、食べてください。
翌朝、起床したら、お腹に刺激を与え、腸の働きを高めるために、最初にコップ一杯の冷たいお水(または冷茶)を飲みます。

やがて、便意を感じて、トイレに行きたくなるでしょう。

便意を感じたら、我慢しないで、すぐにトイレにかけ込みましょう。

アロエベラの残りの生葉は、空気に触れて酸化させないように、カット面をラップ・フィルムで包み、輪ゴムで止めて、冷蔵庫の野菜室に保存してください。

保存の目安は、約1ヶ月です。

長期間の保存になると、ムコ多糖体部分が空気と触れ、酸化し、茶色く変色します。

また、外皮の成分が溶け出し、苦くなります。
※ なお、結果には、個人差があります。

ご自分の判断、責任で、効果を確かめ、適量を確認しながら、利用を続けてください。








 アロエベラ民間療法 (肛門内に入れる) 〜痔の治療〜


アロエベラを水道水できれいに洗う アロエベラの外皮のトゲをカット アロエベラを適当なサイズにカット お尻に挿入するアロエベラ
水道水できれいに洗う→ 外皮のトゲをカットする 適当なサイズにカット。
肛門に入れやすい大きさに調整する。
お尻に挿入するサイズ
お尻を傷つけないため、四隅をカットし、取り除く 真中で、アロエベラを分割する お尻に挿入するアロエベラの出来上がり このまま、アロエベラをお尻に挿入する
肛門内の皮膚組織を傷つけないように、4角をカット→ 真ん中で、2分する 外皮を付けたまま、お尻に挿入、2個分 外皮側を指先にのせ、ゼリー部分を肛門のふちにあて押し込むようにして、ゆっくり入れます。



新鮮なアロエベラ生葉1枚を採取し、水道水できれいに洗い、外皮の水分を拭き取ってください。
水分を拭き取ったら、とげをカットしてください。
アロエベラの葉を外皮を付けたまま、長さ2〜3cm、幅1〜2cmくらいにカットします。

さらに、肛門内に入れる時に、肛門内の皮膚組織を傷つけないために、四隅の角を斜めにカットし、取り除きます。
肛門内に挿入するタイミングは、排便後、お尻をきれいに拭き、洗浄してからです。

お尻の不快な症状を解消したいなら、排便後以外でも、いつでも問題ありません。

肛門内への挿入は、外皮の部分に指をあて、ゼリー状の部分を皮膚にあて、ゆっくり押し込むように、入れてください。

スルッと挿入します。

挿入させたら、消毒液で両手をよく洗って、殺菌消毒してください。
挿入されたアロエベラは、自然に肛門内の直腸部分に入り、成分が徐々にしみ出し、痔(ぢ)の患部に直接作用します。

アロエベラ葉肉は、翌朝の排便時に便と一緒に自然に排出されます。

肛門内にアロエベラを挿入する回数は、排便回数が目安です。
挿入されたアロエベラは、直接、成分が患部に作用しますので、自分自身で効果を確かめ、粘り強く続けてください。
なお、出血が続く場合、必ず専門医(肛門科)を受診してください。

痔(ぢ)が悪いと思い込んでいたら、直腸ガンだったというケースもあるそうです。
アロエベラの残りの生葉は、空気に触れて酸化させないように、カット面をラップ・フィルムで包み、輪ゴムで止めて、冷蔵庫の野菜室に保存してください。

保存の目安は、約1ヶ月です。

長期間の保存になると、ムコ多糖体部分が空気と触れ、酸化し、茶色く変色します。

また、外皮の成分が溶け出し、苦くなります。
※ なお、結果には、個人差があります。

ご自分の判断、責任で、効果を確かめ、適量を確認しながら、利用を続けてください。





                          ▲ このページトップへ


当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)解決!痔の悩みAll rights reserved