痔の悩み、解決!
 自分で治せます痔(ぢ)は自分で治せます痔(ぢ)は自分で治せます

痔主(いぼ痔)になり、薬、外科手術、再発の苦い経験から、生活療法と民間療法により、痔を自分で完治させた情報サイトです。


痔の悩み、解決! トップ > 痔(ぢ)に関するQ&A
(カテゴリー)
トップ
どうして、痔になるの・・・?
痔の原因は、さまざま
お尻に痔ができる仕組み
お尻と痔の関係
痔かな、と思ったら医療機関へ
痔をそのまま放置すると・・・?
痔の初期症状
痔をそのまま放置すると・・・?
痔と思っていたら、大腸がん
痔は、早期治療が大切
痔の基礎知識
痔は、生活習慣病
いぼ痔(痔核)
切れ痔(裂肛)
痔ろう
痔の治療、生活療法が基本
痔は、セルフケアで治療
痔の薬剤療法
痔の外科手術
痔の生活療法
痔は、セルフケアで治せます!
痔の生活療法に、プラスアルファ
痔の民間療法
誰にも知られないで、痔をセルフケア
痔のセルフケアは、効果抜群!
痔のセルフケアで、家計の節約
痔のセルフケアで、時間の節約
痔のセルフケアに、副作用なし
痔のセルフケアに、痛みなし!
痔のセルフケアで、便秘も解消!
痔のセルフケアで、再発リスク解消!
痔以外の病気にも、効果あり!
痔を自分で治した体験
薬の副作用に要注意
痔の治療薬
よく効く、ステロイド剤
ステロイド剤の副作用に要注意
手術後の痔再発リスク
手術が必要な痔は少ない
手術後の痔再発リスク
痔の再発リスク、解消
弱みにつけ込む、痔商法に注意
痔の治療費代
高額療養費制度と差額ベッド代
自費診療には、要注意
痔に関するQ&A
サイトマップ
プロフィール
リンク集
便秘
下痢、大腸(直腸)がん
健康・美容・ダイエット(その1)
健康・美容・ダイエット(その2)
栄養・健康食品
検索エンジン
医療・医療機関
病気(痔を除く)(その1)
病気(痔を除く)(その2)
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済・観光
コンピュータ・ネット情報
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし・ローン
地域情報
プライバシーポリシー

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
アロエ栽培日記
大腸がんの症状と基礎知識

驚き!アロエベラで悩み解消

アロエベラ総合情報サイトへ
スッキリ、さわやか
快適な毎日に!


便秘
便秘解消/便秘予防へ
痔に関するQ&A
 痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ
目  次
Q1 トイレで排便したら、痛みもないのに、突然出血でビックリ、これって痔でしょうか?
Q2 いぼ痔(痔核)でつらい思いをしていますが、恥ずかしくて、お医者さんに行く勇気がありません。どうしたらよいでしょうか?
Q3 痔ですが、痛みがないので、このままで大丈夫でしょうか?
Q4 女性は、妊娠、出産のときに痔になりやすいそうですが、どうしてですか?
Q5 痔のため、テレビで宣伝している座薬をドラッグストアで買い使用していますが、よく効きません。どうしてでしょうか?
Q6 痔の薬には、どんな副作用がありますか?
Q7 慢性的な便秘症を改善するには、どのような方法がありますか?
Q8 便秘症のため、トイレの時間が長くなりますが、痔に悪いでしょうか?
Q9 お医者さんから外科手術をすすめられましたが、手術後に再発するリスクはありませんか?
Q10 痔の手術には、どのくらいお金が必要でしょうか?
Q11 自営業でお店を開いていますが、痔の外科手術にどれくらいの日数が必要でしょうか?
Q12 痔によく似た症状に大腸がんがあるそうですが、どのように見分けるのですか?
Q13 痔の治療は、生活療法が基本ということですが、生活療法って、何ですか?
Q14 痔の再発予防には、どんな方法がありますか?
Q15 痔は、セルフケアの民間療法(植物療法)で治すことができるそうですが、どのように治すのですか?
痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ
Q1 トイレで排便したら、痛みもないのに、突然出血でビックリ、これって痔でしょうか?
A1
痛みを伴わない排便時の出血は、いぼ痔の可能性が高いです。

いぼ痔(痔核)には、内痔核と外痔核がありますが、これは内痔核と考えられます。

なぜなら、内痔核は、歯状線よりも奥の直腸粘膜にできるので、直腸粘膜が自律神経で支配されている組織のため、いぼ痔(痔核)ができても痛みを感じないからです。



このため、内痔核ができていても、多くの人が痔主さんと思っていません。

あるとき、突然出血があり、初めて痔に気づかされます。

でも、排便時に出血が見られたら、痔の病気なのか、痔以外の病気なのか、医療機関できちんと検査し、正しい病名を知ることが、何よりも大切です。



その上で、内痔核が原因の出血なら、痔が引き起こした原因を突き止め、その原因を生活習慣の改善で解消させるとともに、セルフケアの生活療法(民間療法)に取り組み、痔の完治、再発予防に取り組みましょう。



Q2 いぼ痔(痔核)でつらい思いをしていますが、恥ずかしくて、お医者さんに行く勇気がありません。
どうしたらよいでしょうか?
A2
痔になっても、恥ずかしさのあまり、多くの人が医療機関に行くことを躊躇 (ちゅうちょ)します。



でも、自分で素人判断しないで、医療機関で検査、受診をすることが何よりも大切です。

その上で、いぼ痔(痔核)と診断されれば、いぼ痔(痔核)は、セルフケアの民間療法(植物療法)で悪化した症状を改善させ、治すことができます。



ですから、自分でいぼ痔(痔核)と決めつけないで、勇気を出して一度は必ず、医療機関を受診しましょう。

                     ▲ このページトップへ
Q3 痔ですが、痛みがないので、このままで大丈夫でしょうか?
A3
痔は、放置しても、命にかかわる怖(こわ)い病気ではありません。

痔は、放置したままでも、その後、乱れた生活習慣が改善されれば、自然に治る場合もあります。



でも、多くの場合、痔の症状が悪化し、日常生活に支障をきたします。

最終的には、医療機関に入院し、外科手術をする以外に方法がなくなります。



外科手術や入院には、家計の出費や入院に時間がかかり、生活への影響が大です。

痔は、症状が軽いほど、セルフケアの民間療法(植物療法)で簡単に治すことができます。



セルフケアの民間療法(植物療法)なら、痔の再発予防も可能です。

痔を自覚したら、すぐに医療機関で検査を受けましょう。



その上で、どんな痔の病気なのか、正しい病名を知ることができれば、お尻の悩みを解決に導くことができます。

痔は、症状が軽ければ、軽い状態ほど、自分で簡単に治すことができる病気です。






                     ▲ このページトップへ
痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ
Q4 女性は、妊娠、出産のときに痔になりやすいそうですが、どうしてですか?
A4
女性は、妊娠すると、胎児の成長とともに肛門周囲の血管が圧迫されます。

このため、肛門内の動静脈叢(そう)がうっ血して炎症を起こし、いぼ痔(内痔核)を発症させやすくします。



すでに、いぼ痔(内痔核)がある場合には、さらに悪化させます。

また、女性は妊娠すると、ホルモンバランスが変わり、さらに、どうしても運動不足になりがちなので、便秘症になりやすくなります。



さらに、出産のときには、いきみによるうっ血で痔が悪化します。

妊娠中は、食物繊維の多い食事を摂(と)り、便秘対策を心がけることが大切です。



                     ▲ このページトップへ
Q5 痔のため、テレビで宣伝している座薬をドラッグストアで買い、使用していますが、よく効きません。どうしてでしょうか?
A5
痔に悩む多くの人がドラッグストアなどのお店で、市販薬を購入し、使用しています。

お店では、薬剤師さんに相談され、購入する人もいると思います。



でも、さまざまな成分が配合された痔の薬には、たくさんの種類があります。

どういうタイプの薬を使用したらよいか、わからないで購入しても効果を期待することはできません。



市販薬を購入する場合には、ステロイド剤の入っていない弱い薬を選んだ方が安心です。

ステロイド剤を含む痔の薬は、炎症などによく効きます。



その反面、ステロイド剤を長く使用し続けると、細菌に感染しやすくなる、あるいはステ ロイド皮膚炎になるなど、薬の副作用が強く起こります。

ご質問の薬は、ステロイド剤の入っていない薬でしょう。



薬物療法は、症状の緩和などが目的で、あくまでも補助的なものです。

痔の薬は、10日から2週間くらい、使い続けても効果が見られない場合、使用を中止しましょう。



                     ▲ このページトップへ
Q6 痔の薬には、どんな副作用がありますか?
A6
大きく分けて痔の薬には、ステロイド剤を含むタイプと、含まないものがあります。

ステロイド剤とは、正式に副腎皮質ホルモンとか、ステロイドホルモンと呼ばれます。



ステロイド剤は、1950年代に開発された薬です。

皮膚の炎症や腫(は)れに劇的な効果が発揮され、皮膚科の治療を革命的に変えた、夢のような治療薬と言われています。



一方で、ステロイド剤は、強い薬の副作用を伴うため、長期間の使用には、細心の注意を払う必要があります。

ステロイド剤を含む痔の塗り薬は、長期にわたり使用すると皮膚に赤みを帯びる、皮膚が薄くなる、感染症にかかりやすくなるなどの薬の副作用が現れます。



特に、ステロイド性皮膚炎にかかると、完治するのが難しくなるそうです。

症状が軽く、慢性タイプの痔には、ステロイド剤を含まない薬が適しています。



でも、薬には副作用がつきものです。

ステロイド剤のように、よく効く薬剤ほど強い副作用を伴いますので、注意が必要です。


                     ▲ このページトップへ
痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ
Q7 慢性的な便秘症を改善するには、どのような方法がありますか?
A7
慢性的な便秘症は、痔になる大きな原因の一つです。

便秘の生活習慣を断ち切らなければ、痔を治すことはできません。



治っても、また再発を繰り返します。

痔の完治、あるいは痔の再発予防には、便通を整えることが必要不可欠です。



便通の改善には、便意を感じたらすぐにトイレに入ることです。

忙しくても、絶対に我慢をしないことです。



なぜなら、私たちのからだは、朝食を食べると便意が起こるようになっています。

胃の中に食べ物が入ると、大腸にある便のもとが直腸に送られ、それによって自律神経が反応し、便意を感じます。



便意を我慢すると、便が直腸に溜まったまま、便からどんどん水分が吸収され、硬くなってしまうからです。

次に、食事内容に十分気をつけましょう。 ダイエットなどで、朝食を抜いたり、食事の量を減らしたりしないこと、食物繊維を多く含む野菜などをたくさん食べることです。



それから、毎日、適度な運動を心がけましょう。

散歩やストレッチなど軽い運動は、腸の運動が促され、便秘の解消にとても効果的です。



また、ストレス発散も便秘の解消に役立ちます。

心身にストレスがたまると、自律神経が乱れ、胃腸の働きに悪影響を与えるからです。



最後に大切なことは、便秘の解消を下剤に頼らないことです。

下剤に頼りすぎると、自然な便意が起こらなくなり、下剤なくして排便ができなくなります。



薬に頼らないで、便通を整えましょう。

これまでの生活習慣を見直し、頑固な便秘症を断ち切れたら、痔の完治も、痔の再発予防も、難しいことではありません。


なお、便秘情報は、こちらのサイトがとってもお役立ちです。(便秘 アロエで、スッキリ、さわやか!

                     ▲ このページトップへ
Q8 便秘症のため、トイレの時間が長くなりますが、痔に悪いでしょうか?
A8
お尻には、さまざまな負担がかかります。

痔の治療で大切なのは、お尻にかける負担をできる限り減らすことです。



痔にとって最悪の状態は、トイレでいきむことです。

いきむのは、長くても1分以内にとどめましょう。



トイレの姿勢そのものが、お尻の負担になり、長時間トイレに入っていると、肛門がうっ血しやすくなるので、注意が必要です。



トイレタイムは、できる限り、短いほうが理想です。

長くても3分以内にとどめ、お尻への負担を軽くしましょう。


                     ▲ このページトップへ
Q9 お医者さんから外科手術をすすめられましたが、手術後に再発するリスクはありませんか?
A9
痔の治療は、生活療法が基本です。

お尻をいたわる日常生活を心がけないと、痔の症状が悪化し日常生活に支障をきたします。



すると、どうしても外科手術に頼らざるを得なくなります。

でも、いくら痔の外科手術が進歩し、痛みもなく、安全だといっても、お尻に傷をつけることに変わりはありません。



どんな痔の外科手術でも、再発なしで、100%安全とは言い切れません。

痔の外科手術は、あくまでも悪化した部位を取り除く対症療法です。



痔の原因から取り除く、痔の根治療法ではありません。

ですから、外科手術後も、再発、あるいは別の部位に痔ができるリスクは十分残っています。


                     ▲ このページトップへ
Q10 痔の外科手術には、どのくらいお金が必要でしょうか?
A10
痔の入院治療には、手術代のほかに、薬代、注射代、検査代差額ベッド代、食費代など、入院に付随した経費が必要です。

でも、手術代など保険適用対象には、高額療養費制度があります。



高額療養費制度とは、所得額が一般並みの場合、1か月あたりの自己負担額が、原則 8万100円を超えると、超えた部分は、健康保険から払い戻しが受けられる制度です。

入院経費で注意すべきは、差額ベッド代です。



個室などの差額ベッド代は、入院患者が差額ベッドへの入室を希望しない限り、支払い義務がありません。

治療目的や医療機関の都合で差額ベッドに入った場合、患者に請求できないことになっています。



でも、医療機関によっては、このような場合でも、請求するケースが少なからずあるので、しっかりチェックしましょう。

それから、痔の専門である肛門科には、健康保険のきかない自費診療があるという実態です。



自費診療の場合、いぼ痔(内痔核)の手術代だけでも、30〜50万円もかかるそうです。

痔の受診にあたっては、その医療機関が保険診療か、自費診療なのか、しっかり事前に確認することが大切です。


                     ▲ このページトップへ
痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ
Q11 自営業でお店を開いていますが、痔(ぢ)の外科手術にどれくらいの日数が必要でしょうか?
A11
痔の外科手術で入院すると、長期にわたり会社を休み、職場の仲間にも迷惑をかけます。

自営業の場合は、もっと深刻です。



お店は休業に追い込まれ、お客さんのお店離れが避けられません。

深刻な経営問題にもなります。



痔の外科手術には、日帰り手術もあります。

でも、痔の外科手術後は、しばらくの間、自宅療養も必要になります。



一般的に、痔の外科手術には、軽い症状のいぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)の場合、2〜3日。

それよりも症状の重いいぼ痔(痔核)、痔ろうの場合、1〜2週間程度の入院が目安です。



手術後の傷がふさがるまでには、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)で約30〜40日。

あな痔(痔ろう)は、約2か月かかるそうです。



痔の外科手術を受けるかどうかは、本人の判断です。

できれば、痔の外科手術、入院だけは、避けたいです。


                     ▲ このページトップへ
Q12 痔によく似た症状に大腸がんがあるそうですが、どのように見分けるのですか?
A12
痔と大腸がん、直腸がんは、肛門からの出血、血便というよく似た症状があります。

このため、痔と思い込んでしまい、大腸がんの発見が遅れてしまうこともあるそうです。



痔なのか、大腸がん、直腸がんなのか、素人では判断できません。

でも、排便後は、じっくり自分の便を観察しましょう。



排便後も、残便感がありスッキリしない、下痢と便秘を繰り返す、出血だけでなく粘液も出る、便が細くなるなどの場合、大腸がんや直腸がんのおそれがあります。



このような場合は、必ず医療機関で大腸がん検査を受けましょう。

大腸がん検査の基本は、便に血液が混じっていないかを調べる検便です。



便潜血反応検査と呼ばれます。

もし、この検査で出血が見られれば、次に精密検査が行われます。



大腸内視鏡検査です。

大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を挿入し、大腸全域をカメラで観察します。



一方、直腸がん検査は、指診で簡単に検査することができます。

大腸がん、直腸がんは、何よりも早期発見、早期治療が大切です。


                     ▲ このページトップへ
Q13 痔の治療は、生活療法が基本ということですが、生活療法って、何ですか?
A13
痔治療の基本は、薬剤療法でも、外科手術でもありません。

痔の治療は、生活療法が中心です。



生活療法とは、保存療法ともいわれますが、日常生活から痔を引き起こす原因をなくすことです。

生活療法のポイントは、第一に食生活などの日常生活を見直し、便通を整えること、次に、お尻の清潔を心がけること、そして、お尻にかかる負担を減らすことです。



いずれも、自分で行うセルフケア方式です。

痔は、いぼ痔(痔核)でも、切れ痔(裂肛)でもそれから、あな痔 (痔ろう)でも、自分で改善、治すことができます。



生活療法で大切なことは、痔になった原因を探すことです。

そして、原因に気付いたら、その原因を日常生活から取り除くことです。



そうすれば、私たちのからだには、病気を治す頼もしい力、自然治癒力が備わっています。

病気を治す主役は、私たちにからだが持っている自然治癒力です。



日常生活が、健康な状態に戻れば、自然治癒力も高められ、からだも健康な状態に戻ります。



  
                     ▲ このページトップへ
痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ
Q14 痔の再発予防には、どんな方法がありますか?
A14
痔は、手術したからといって、乱れた生活に戻れば、また痔になってしまいます。

日頃から、お尻に負担をかけないよう心がけることが、痔の再発予防につながります。



痔の再発予防には、何よりも、慢性的な便秘や下痢にならないように、便通を整え、お尻に負担をかけないことです。



それから、肛門は、排便のたびに汚れます。

温水洗浄器があるトイレの場合、お尻が清潔になるほかに、お湯で温められ、肛門周囲の血行もよくなり、痔の再発予防に効果的です。



そのほかに、お尻にかける負担を減らすことです。

トイレでいきむと、お尻によくありません。



排便時にいきむのは、最小限にとどめましょう。

また、トイレの時間は、できる限り短く、できれば3分以内が理想的です。



さらに、お尻を冷やさないこと、長時間で同じ姿勢を続けないようにすることも、痔の再発予防にとても大切です。


                     ▲ このページトップへ
Q15 痔は、セルフケアの民間療法(植物療法)で治すことができるそうですが、どのように治すのですか?
A15
痔の治療には、セルフケアの民間療法(植物療法)がおすすめです。

セルフケアの民間療法(植物療法)は、生活療法を基本に、民間療法を組み合わせ、その相乗効果で痔の完治、再発予防を目的とします。



民間療法とは、一般の人々が民間に伝承されてきた方法で行う病気の治療法です。

薬剤療法は、あくまでも一時的な症状の改善が目的です。



外科手術は、悪化した部位を取り除く対症療法であり、痔の根治療法でありません。

痔の治療には、痔の原因となる元からリスクを取り除く痔の根治療法が理想です。



それが、セルフケアの民間療法(植物療法)です。

私の体験したセルフケアの民間療法(植物療法)なら、薬をいっさい使わないで、痔の完治、痔の再発予防が可能です。



痔の完治、痔の再発予防には、乱れた生活習慣の改善も必要不可欠ですが、それだけでは、目に見えた効果をなかなか実感することができません。

セルフケアの民間療法(植物療法)は、簡単で、効果抜群です。



いっさい薬を使わないので、副作用の心配もありません。

誰にでも、簡単にできる、痔の悩みの解決方法です。

                     ▲ このページトップへ
痔の悩み解決(民間療法)は
こちらへ


当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)解決!痔の悩みAll rights reserved